「ナイトライダー コンプリート ブルーレイBOX」ささきいさお、野島昭生 公開アテレコ取材 レポート

ここが完全版!

イケメン民間犯罪捜査員マイケル・ナイトが、人間の言葉を話すなど高性能人工知能“キット”を持つ、特殊装備を搭載したドリームカー“ナイト2000”とともに、さまざまな事件を解決する80年代に世界的に大ヒットした海外ドラマの金字塔「ナイトライダー」。そのカーアクションもさることながら、マイケルとキットの人間と車の “名コンビ”ぶりが、今なお根強い人気を誇っている。

この度、全世界初となる「ナイトライダー コンプリート ブルーレイBOX」を、世界に先駆け日本で11月27日(木)に発売することが決定。発表のあった7月29日に都内の収録スタジオにて、マイケル・ナイト役のささきいさお、キット役の野島昭生が、発売決定を記念した公開アテレコを実施し、25年ぶりの名コンビぶりをマスコミ取材陣の前で披露した。

ここが完全版!今回発売されるブルーレイBOXでは、オリジナル・フィルムを完全HD化。また本商品用として、TV 未放送のため今まで字幕版でしか存在していなかった10エピソードを当時のオリジナルキャストで新たに吹替収録した。「今回のブルーレイ化の話を聞いた時『またみんなに会える』とすごく楽しみにしていました。昔は収録後に飲みに行って、みんなと語り合いましたね。スタッフ、キャストは家族みたいな仲間でした」と2人は当時を振り返った。自身が演じた人工知能を搭載した車・ナイト2000の“キット”について野島は「当時はこんな車はありえないと思っていた。今やカーナビが当たり前、人間が運転しなくても勝手に走る車も存在する時代。それでも、あんなに楽しい車は、このドラマでないと楽しめない。時代がナイトライダーに近づいてきている」と満足そうに語った。さらに、ささきは「“ナイトライダー”の吹替をするようになって、自分が乗っている車のカーナビに答えちゃう癖ができちゃったよ」と話し、場内の笑いを誘った。

© 1982-86 Universal Studios. All Rights Reserved. © 1991 Universal Studios. All Rights Reserved. © 1994 Universal Studios. All Rights Reserved.
Artwork © 2014 Universal Studios. All Rights Reserved.